2005年4月にトロントへ。2008年9月~公立カレッジの学生に。他民族都市のおもしろさ、大学生活、時々トルコな生活をマイペースに更新♪


by japonma

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

誤解されてる日本の文化

トルコ人のブーちゃんと日本人の私の周りには、
必然的にトルコ人と日本人が集まります。

この週末はトルコ系カナダ人のおじさんの家にお邪魔してきました。

f0140170_1138127.jpg



トルコ:日本=12:1


私がいることで、もちろん話題は日本


Gさん:「日本の家では、娘の父親とその旦那は出会った翌日に、家の浴室で一緒にシャワーを浴びなきゃいけないんでしょ?もちろん裸で。」



全員:「えええええ。信じられない。裸で?!ブーちゃんgood luck!」


M:「いやいや。それだけ聞くと何だか気持ち悪いけど・・・ そんなことは強いられないから。笑」


きっと銭湯とか温泉とか大きな風呂場で背中を流すっていう話に尾ひれがついて伝わってるのね^^;


そんな外国人から見る日本の珍文化を改めて聞くとおもしろいものです。
結構おもしろく脚色されているのも多いと思いますが^^
[PR]
by japonma | 2008-07-28 11:54 | トルコなトロント生活

マカロニ&チーズ

今更ですが・・・

初めてマカロニ&チーズを食べました。

f0140170_10282671.jpg


よく料理ができない女の子が例えとして使うやつです。

「マカロニ・チーズならできるわよ~♪」


本当に簡単にできてしまい、味もまずまずでした。
日本人的感覚からすると、料理をするのが面倒ですごくお腹がすいた時に「今日はインスタントラーメンにしておこう♪」と同じなのでしょうか。

こっちの人たちはそんな感覚で作っちゃうのかな、何て勝手な想像ですが^^;
[PR]
by japonma | 2008-07-22 10:38 | トロント食事情

占いの文化

最近インド出身の方と関わることが多いのですが、

インドには霊感や超能力を持った占い師が多いらしいです。

どうやらその話は世界でも有名らしいですね。韓国の占い文化についてはよく聞いていたのですが、インドもそういう文化があったとは。

ケース1
これはカナダでの話ですが、クラスの一人は何かあるたびに超能力を持った人物に会いに行くといいます。
どうやら、何月何日に滞在許可証が届くとか、ぴったり日にちを当てるらしいです。
彼は節目ごとにどうすればいいかもその人に相談するとか。


ケース2
インドで占い師を通して、亡くなったおばあちゃんと話すことができるらしいです。
占い師が会ったこともないおばあちゃんの声、話し方で何やら知らせてくれるみたいです。



日本にもよくある手相とか姓名判断のような易断は英語ではFortunetellingと呼ばれていますが、インドのような霊感や超能力が強いものをPsychicというらしいです。

トロントの街中でよくPsychicという看板を建物の2階に掲げて、怪しげな魔女のようなステッカーを貼ってたりするのを見かけます。
実は少し気にはなっていました。


いつ頃結婚できますかね?
今付き合っている人との相性は?
何て女の子は相談したりしますが、Psychicは何だか格段の重みを感じて、そんなノリというか安易には足を運ぶことができないと感じています。


日本で2度だけ占いに行ったことがあるのですが、何やら人生相談みたいで、うちの母に言わせると色んな人のケースも知ってるし、人生経験から判断してるんじゃない?!なんて軽く流していました。
やはり、私の母だわ。

でも、どんな占いであっても結構ゾクっとするようなことを言われると、いつまでも覚えてるもんなんですよね・・・^^;
普段はプラス思考な私なので、占いは何だか苦手です。
勝手なもので良いことだけ言われるなら問題ないんですけどね。
[PR]
by japonma | 2008-07-20 02:14 | 英語

Accepted!!

そろそろ時期かと思い、実はこの週末にコミュニティーカレッジの入学試験を受けました。

ネットで結果を見れるということで、
ちょっとドキドキしながら確認してみると、


Accepted


というわけで、晴れてこの9月から入学することが決まりました。
Financial Planning Program(Postgraduate)を2セメスター(8ヶ月間)受講し、
国際資格であるCFPの取得と、カナダの証券外務員資格の取得も狙います。


カナダでも金融関係の職に就けますように。
前途多難だけど、自分の選んだ道だしやれるだけやってみます。



ところで、実は入学試験のエッセイの出来の悪さに少々へこんでたんですよね^^;

テストではライティングスキルとグラマースキルが問われます。

ひどく文法の間違いがあるエッセイを文章ごとに訂正していくという選択問題が約50問。
これは文法がわかっていれば解けるのでクリアー。
サンプル問題はこちら

そして、問題のエッセイは、4つの中から自分の好きなタイトルを選んで75分以内に最低250文字以上で書くと言うものです。
必ず一つは書きやすいものが含まれていると聞いていて、

・子供の頃何になりたかったですか?今はどうですか?もし変わってたらその理由はなんですか?
・あなたにとって最高のバケーションは?
・猫と犬、どちらを好みますか? 

というわりとシンプルなものだということだったのですが、
私のテーマは以下の通りでした。

・インターネットが社会に与える影響は?
・ベジタリアンフードのメリット、デメリットは?

・・・後の2つは忘れましたが、諺の意味と用途を問うもの。
どのテーマが書きやすいのか迷っているうちに時間が迫ってきたので、焦って選んだテーマはベジタリアンフードのメリット・デメリット。

書けるようで書けなくて、ベジタリアンフードはとっても健康的だとか、でも素材の選択が限られているとか無理やり社会問題とこじつけて思いつく限り必死で書きましたT-T
整理できたようなできてないような・・・自分の中での出来は55~60点という不満が残る結果だったわけです。


それにしても、結果良ければ・・・ということですが、
カレッジの授業についていけるように、もうちょっと英語のレベルアップを目指し努力してみます。
[PR]
by japonma | 2008-07-15 07:16 | 英語
母校(大学)トロント支部の集まりがありました。
母校の絆が強い方なので、ここトロントでもこういう風に色んな年代で集まる機会があるなんて光栄です。

大先輩のお家でBBQをした後に、彼の保有しているクルーザーでボートクルーズを楽しむという企画です。
非常にありがたい。

f0140170_12701.jpg



とっても素敵なお庭でのBBQ。
大きな木が木陰を作ってくれていて、絶好のBBQ日和でした。

f0140170_1292551.jpg



あまりにも心地が良すぎて時間が経つの忘れます。

ただ残念なことにせっかく晴れたのに風が強くて、この時点でクルーザーが出せるかどうかはわからないということに・・・。

とりあえずボートでゆっくりするだけでもいいからということで、オンタリオ湖のボート乗り場に移動しました。

f0140170_1213172.jpg



風が止むのを待つためにデッキに上がり、そこでゆっくり遠くに見えるCNタワーを眺めつつ、色んな話で盛り上がりました。

f0140170_12194565.jpg



日没が21時だから、いつまでも昼間みたいで、時間の流れがゆっくりなのが今のトロントのいいところ。
今の季節が最高です^^


結果、風が強いためクルーザーは出せなかったのですが、クルーザーの中やデッキの上で夢のような時間を過ごすことができました。

f0140170_12355642.jpg




今の私には自力でこんな素敵な休日を過ごすことはできないけれど、こうやって大先輩のお陰で違った世界をのぞくことができ、いい勉強になりました♪


夢はでっかく!! 
・・・はぁ、現実はまだまだ厳しい。笑

[PR]
by japonma | 2008-07-14 12:29 | トロントの生活

個性的な仲間たち

久しぶりにする英語の勉強を楽しんでいます。

英語のレベルアップを目指しカリカリ勉強する雰囲気なのですが、
クラスには個性的な人が多くて、それもクラスを楽しめている要素の一つかもしれません。


本人は「素」のつもりだけど、とってもおちゃめな韓国人のジョンさん。
おちゃめとかいっても50歳近いおじさんなので、本人には直接言えないですが・・・。

音楽に関するテーマのスピーチで、子供に付き添って行ったコンサートで寝てしまったと正直に話し、英語の勉強がストレスだとその発言ですらみんなの笑いを誘います。

残念なことに先週卒業しちゃったんですよね・・・。


興奮しだすとものすごいスピードで話し、カナダ人も戸惑ってしまうインド人のモンティー君。

興奮しだすと誰も止めれず、先生も必死
決して悪気があるわけではなく愛嬌のあるキャラがとっても微笑ましい。
彼のようなキャラは、今までにいなかったとか。
どんな時でも発言したいときには手を上げて待っている彼は、いるだけでみんなの笑いを誘います。

この彼も残念なことに今週卒業だわ・・・。


今週から復活したダニエル先生も私の中ではなかなかツボをついてます。
カナダ人には珍しくむっつりキャラなのに、
みんなに呼びかけるときになぜか「my friend!」と語尾につけます。

・・・実はラテンの血が入っているのか?!疑惑。

メキシコ人やブラジル人の男の子がよく語尾に「my friend」と付けることはあるのですが、カナダ人には珍しい。


そんな彼はオタクなほどティーチングスキルを持っていて、彼の言われたとおりにすると問題がスラスラ解けてしまうんです!!

お昼休みに教室に残ってエッセイを書いていたら、こっそり後ろからチェックしてくれていたとっても親切な先生。

大人しくて穏やかなんてみんなから言われているけど、絶対おもしろい要素を持っているはず。
来週からの楽しみにしよう♪
[PR]
by japonma | 2008-07-11 14:32 | 英語

トロントのビーチ

近場のビーチに出かけました。

Ashbridge's Bay Park

トロントにもビーチと呼ばれるところはいくつかあるのですが、
海ではなく湖の淵にあります。


湖と言ってもオンタリオ湖はかなりの広さを誇っているし、
砂浜もしっかりあるのでビーチと呼んでいいでしょう。
みんなもそう呼んでるし^^

f0140170_731585.jpg




ここではビーチバレーを楽しんだり、
泳げはしないけれどビーチで日焼けを楽しんだり、
ジェットスキーなんかもやっちゃったり、みんなそれぞれに楽しんでます。

f0140170_7810100.jpg



雰囲気は大事だと改めて思ったのでした。

今度はBBQとビーチバレーをしに来たいなぁ。
夏が終わる前に急がねば!!
[PR]
by japonma | 2008-07-08 07:11 | トロントの生活
夏日が続くトロントです。

ガソリン代が高騰している最中ですが、
先日うちのブーちゃんと彼の大親友は共同出資で車を買いました。

90年式のトヨタ・カローラ。
非常にレトロな上に破格です。


f0140170_6133261.jpg




このレトロな車はマニアには人気なのか(?)駐車場に止めていたら、その車を買値より高くていいから譲ってくれないかとさっそくオファーが来ました。

きっとこの車が破格な上に、エンジンの調子も良いし、意外にきれいに保たれていたからですかね。
燃費も悪くはないみたいだし。

「1年後になら売ってもいいよ~。」何て冗談でかわしてましたが。

どうやらマニアに言わせると、最近のカローラより昔のカローラの方がいいらしいです。
何が良いのか素人にはさっぱりわかりませんが・・・。

この車が1年後に無事に走るかは神のみぞ知る。
何せ20万キロも走ってますから!

20万キロも走っている車を見るのは、アジアのとある国で乗ったタクシー以来かも^^;


次回購入時の保険料の値下げも狙って購入した車が、
この1年無事に走ってくれることを願います☆
[PR]
by japonma | 2008-07-08 06:51 | トロントの生活

苺ジャム作り

スーパーや八百屋さんのフルーツ売り場に、
桃や苺を良く見かけるようになりました。

2パック$5で苺が売られていたので購入し、
1パック分で苺ジャムを作ることに。


トルコではジャムは手作りをすることが多いとか。

もちろん、こういうときはブーちゃんの出番です^^♪

ブーちゃんのママにレシピを確認し作業開始。

f0140170_13145271.jpg


苺に砂糖をかけしばらくおいておくと水分が出てくるので、
鍋でコトコトに煮詰めます。
※途中であくがでてくるのでそれを取り除きます。

ジャムの柔らかさは好みで。

ブーちゃんのママいわく、ジャムを少しだけお皿に一度たらしてみて、それを冷ましてからお皿を傾けても勢いおく流れなければ完成です!

仕上げにレモンソルトを一つまみ入れました。
レモン汁でもいいらしいのですが、これはジャムの鮮度を保つためだそうです。


苺がたっぷり入ったジャムのできあがり~♪

f0140170_13211273.jpg


市販のジャムのフルーツを食べるのは好きではないけれど、手作りのものは格別においしくて気に入ってます^^
[PR]
by japonma | 2008-07-01 13:28 | トルコなトロント生活